アートイベントMETACITYに[Mixed Realityオーディオビジュアル・アート]を展示いたしました!

2019年1月18日(金)より幕張メッセで開催されたアートイベント「METACITY」にHoloLensで製作したオーディオビジュアル・アート作品を展示いたしました。コンセプトと作品のテーマについては名古屋市立大学芸術工学研究科 アート&メディア・エクスペリエンス研究室に大きなご協力をいただき、展示することができました。イベントでは実に多くの皆様に体験いただき、有益なフィードバックをいただきました!

 

 

▼展示の様子

 

▼METACITYとは
「METACITY」は、思考実験とプロトタイピングを通して「ありえる都市」の形を探求するリサーチプロジェクトです。 リサーチの成果は、言語的アプローチだけでなく、受け取る側に思考する余白ときっかけを提供できるアートコミュニケーションのアプローチをとっていきます。
都市に関わる専門家だけでなく、問題を発見し問題提起するアーティストや研究者、その問題の解決策を探求するデザイナー、 解決策を具現化する技術者、住人の観点から発言する地域コミュニティ、継続的実行方法を模索する企業や行政など、 様々な視点とスキルを持つステークホルダーを巻き込み活動していきます。 成果発表と出会いや活動のきっかけをつくる年に一回に開催するアート展示を含めたカンファレンス、 年間を通して探求と試作を続けるラボ、活動内容を世界に発信するメディアを実施していきます。
主催:幕張メッセ
後援:千葉市・千葉市教育委員会
会期:2019/1/18(金)~19 (土)
会場:幕張メッセ 国際会議場
▼METACITY公式サイトはこちら

HOME